OSHOフレグランス瞑想センター 広島県竹原市

ようこそ! OSHOフレグランス瞑想センターヘ

 

瞑想入門

 瞑想し自分と向き合っていくことで,私たちは『自分自身の可能性』と『自分とは誰なのか』という自分自身のユニークな自己に向かって成長していきます。それは、瞑想から生まれた直感力や智性に従って生きることの長い旅のようなものです。 このようなプロセスを通して自己の内側にある信頼、勇気、愛、受容性、創造性などと言った本質が成長することで人はおおいなる満足を感じるようになります。また、他の人達と一緒に瞑想することで自然発生的なエネルギーレベルでの分かち合いが自然と起こりあなたにとっても大いなる助けになるでしょう。瞑想を始めたい人は一度当瞑想センターへお越し頂くか毎月一回週末に行われる瞑想キャンプへ参加されることをお勧めします。また平日の参加をご希望の方は毎週火曜日午前十時から行われているプチ瞑想会への参加をお勧めします。

 

意識のパワー:大災害を生きる

もし何百万もの人々が、愛と瞑想に満たされたなら、絶望や無力感を感じる必要はない。あなたは生まれながらにして、とてつもないパワーを与えられている

The Power of Consciousness(意識のパワー)

power-of%20conciousness.jpg

私たちの地球は、そして日本は、今、かってない程の規模の大災害に直面しています、こう言った状況をいかにのりこえていくことができるのかを神秘家OSHOが探求者からの質問に答えています。


 質問:
私は恐れと絶望を感じ続けています。この信じられないほど美しい惑星を救うことへの絶望、その勝ち目のなさのための、そして「自分は取るに足らない、何をするにも無力だ....」と感じるがための恐れです。何かできることはありますか。

OSHO:
あなたの絶望、あなたの無力感は理解できる。これはおそらく、この危機に気づいている人間なら、誰もが感じていることだ。しかしあなたは、より大きなパワーに気づいていない。破壊は低度なパワーであり、創造は高度なパワーだ。破壊は憎しみから生まれ、創造は愛から生まれる。

あなたは、憎しみが人間性をその究極の自滅へと導きかねないのを目の当たりにし てきた。しかし愛がその高みまで成長しても、ただこの危機が起こるのを防げるのだという可能性は見えていない。取るに足らない人というのは誰もいない。誰にでもハートがあり、誰にでも愛があり、誰にでも繊細さや意識があり、存在の究極の高みへと到達できるからだ。たったひとりの個人がこの大危機を防げるのだか ら、それが愛と喜びと沈黙に満ちた何百万もの人々ならば、言うまでもない。

絶望を感じる必要はないし、恐れを感じる必要もない。しかしそれは、ただ沈黙し たままでいるということではない。自分のまわりに、包容力にあふれた素晴らしい雰囲気を創り出すことだ。踊り、歌うことを学びなさい。地球はまだ美しい人々であふれていることを、政治家達に知らせようーーーそんなにも多くの歌や、そんなにも多くの音楽、そしてそれほどたくさんの創造性やそれほどたくさんの瞑想している人々。そういった人々は、代替の考えを持っているものだ。

戦争を抑止するのに、そんなに大きな原始爆弾は必要ないーーーその爆弾が問題なのだ。私達には全く違ったものが必要だ。愛はエネルギーをもたらし、瞑想はとてつもない強さをあなたにもたらすだろう。そしてあなたは、自分を取るに足らないと感じることはないだろう。威厳に満ち、重要に感じるだろう。なぜならあなたの愛が、あなたの瞑想が、あなたの至福が世界を救うことになるからだ。

だから、自分は無力で何もできないと心配することはない。無力だという考えが浮かんできたのは、自分の資源が何なのかを教えられなかったからだ。あなたは自分の資源、あなたの愛、あなたの沈黙、あなたの平和、あなたの慈悲、あなたの喜びを見たことがなかった。自分の実存の尽きることなきあらゆる可能性を、内側に見たことがなかった。もし何千もの人々が愛、音楽そして踊りの中で花開いたら、地球全体は祝祭となる。

心配する必要もなく、絶望や無力感を感じる必要もない。少数の愚か者が、この惑星に死を準備してきた。愛、喜び、美しさ、エクスタシーで、それを防ぐことのできる何百万もの知的な人々がいる。それははるかにパワフルな経験だ。なぜなら原子の力は、原子力エネルギーは、物質世界の一部だからだ。それは原子の、物質の一番低度な微分子の爆発だ。

あなたの実存の生きている原子と、その爆発について考えてみたことはあるかね。 それを別の言葉で、エンライトメントと呼んできた。それはほかでもなく、あなたの実存の光の中への爆発だ。突然あなたは、はるかに高度な優れたパワーを持つだろう。低度なパワーと戦う必要はない。その現存は、より低度なものを役立たずにするだろう。

それは大規模に試みられたことはない。ただ 時々起こるだけだ。しかしもし試みられれば、その稀有な瞬間が確かな証明となる。あらゆる人間の意識の爆発ーーーそれははるかに優れたエネルギーだ。ーーーそれは、すべての核兵器や、 それを所有する人々を、全く役たたずで有罪なものとするだろう。

もし何百万もの人々が、愛と瞑想に満たされたなら、絶望や無力感を感じる必要は ない。あなたは生まれながらにして、とてつもないパワーを与えられている。それはどんな核兵器をも、役に立たなくすることができる。それが私のやろうとしていることだ。

OSHO “Hari Om Tat Sat”

 

ハート瞑想会、ハ−ト瞑想

heart-meditation_s.jpg

ハート瞑想会では瞑想のエッセンスを誰にでもわかるようなエクササイズ等を通して紹介しています。竹原市では毎月2回(第2&第4金曜日)ハート瞑想会を開催しています



courage.jpg

Courage 勇気 : OSHO


危険に生きたときだけ、生きている、
他の生き方はない
危険に生きることだけが、あなたの人生を成熟させ、成長させる。
人は冒険家になる必要がある。
いつも未知のために喜んで既知を犠牲にしなさい。

『ザ・シークレットの山川夫妻大推薦!
  山川紘矢
  山川亜紀子 訳



死について41の答え : OSHO



死を人生の最高の贈り物にするために
ーOSHOの全著作650冊から、いかに生き、いかに死ぬかのエッセンスを抽出。 OSHOとは?キリスト以来の最も危険な人物と言われ、仏陀やガンジーと並んで、インドの運命を変えた10人の1に選ばれた、現代世界で最も影響力のあるスピリチュアルリーダーの1人!



Joy 喜び : OSHO,



人生を豊かのしたいと望む全ての人に。この本は全5章で構成され、大きな特徴は第4章にある。全255ページの中で「第4章 惨めさの原因を理解する」はこの章だけで、なんと124ページある。「Joy 喜び」というタイトルの本で、その半分が「惨めさの理解」について書かれているということは、この第4章に大きな鍵があるのかもしれない(そして、旨味も苦味もある)


あなたの瞑想と成長を強力にサポートする

各種個人セッションのご案内




サトルボディヒーリング



人生を豊かのしたいと望む全ての人に。

あなたが探し続けてきたもの  ? 
愛、美、豊かさ、幸福感、平安、喜び、強さ ?
そのどれもがすでにあなたの中に存在するとしたら ? 
サトルボティヒーリングを通じて変容の錬金術の「秘密」が、今、あなたに明かされます。
サトルボディはあなたの人生の多くの側面に強く影響しています。 あなたがサトルボディに親しみ、それらの影響を理解することで人生における、苦しみと幸福、失敗と
成功、失望と充足、の本当の原因がわかるようになります。
この本のエクササイズにそってサトルボディの健康を回復させることによりあなたの人生の質は高められ、さまざまな恩恵を得ることができるでしょう。より豊かで、より喜びに満ち、満足感にあふれた人生が可能となるのです。 この本から以下のことを学ぶことができます
エナジーワーク、ヒーリングおよび変容のための必須要素
チャクラ、サトルボディ、オーラのエネルギーを体験する直感力を開くこと』 チャクラとオーラの働きと、そのエネルギーをかき乱すもの、また、そのバランスを取り戻して調
和的な流れに戻すもの チャクラとサトルボディを知覚すること
(本書では、サトルボディの第1身体から第7身体、および、ハラの各章にわかれ、それらに関す
る詳細な解説と、エクササイズを紹介しています。)


サトルボディヒーリングがもたらすもの

サトルボディヒーリングは、ハートの愛に満ちた雰囲気の中で、深い受容とジャッジのない態度を通じて起こります。

創造的で直観的な知性を目覚めさせます。

自分自身の本質とつながり、そして本当の自分を生きて表現することを助ける、内なるエネルギーの源とつながります。

カルマを解放し、過去からのブロックされたエネルギーと傷を解放します。

チャクラやオーラのエネルギーの自然な流れとバランスを回復します。

人生のあらゆる側面、例えば、人間関係、仕事、家族、決断が求められる状況などに、エネルギーと活力を与え、バランスや調和、明晰性をもたらします。


いますぐ、好評のサトルボディヒーリングのセッションが受けられます


サトルボディヒーリングのトレーニングが受けられます

 

エッセンシャルライフコンサルティング(新しい人生の創造)

あなたは自分の人生の中で何を受け取りますか、そして、どのような独自の表現方法を通して
自分を表現して行くでしょうか

エッセンシャルライフコンサルティング等の各種個人セッションはこちら